2019.04.08

elephants kyoto open

ラグジュアリーストリート全盛期の中、あえて歴史のある京都という場所を媒介として、そのトレンドの先を提案するようなショップをつくりたいという思いからelephants(エレファンツ)は誕生しました。

 

オンラインでの需要が多い現代だからこそ、店頭で買い物をするということに価値を見出してもらいたい、そして買い物をするときの高揚感とスペシャル感を感じてもらいたいという願いも込められています。

 

内装は京都を拠点に活動する森田一弥建築設計事務所が担当、”京都の新旧のマテリアルのハイブリッド空間”をコンセプトに、町家の重要なエレメントである格子壁や杉皮の堀をあえて店内にめぐらすなど、現代的なビルに京都の伝統的なマテリアルを持ち込むことで、新しさと古さが共存する現代の京都の都市空間を凝縮して体験できるようなインテリア空間を演出。過去とつながりつつ、現代を生きる私達のリアリティが感じられるような空間に身を置くことで、elephantsの商品の新しさと魅力がより伝わるような店内空間となっています。

 

店頭には1861年創業の京都の老舗として知られる生花店「花政」が季節ごとにセレクトした植物もお客様をお迎えします。

 

地元の方もご旅行の方も是非一度お立ち寄りください。

弊社一同心よりお待ち申しております。